乾癬による誤解

Pocket

man_naki乾癬に限らずアトピーも含め、世間での誤解には相当苦しめられました。これは皮膚病になった方なら良くおわかりだと思います。

頭のフケを見て、「風呂に全然入ってないんじゃないの・・・」

「エイズじゃないの・・・」

「性病じゃないの・・・」

病院で薬をもらいお釣りをもらうときに皮膚科受診者ということで手に触れないようにジャラジャラ落とされたり、家庭内でも家族は先を争うようにお風呂に入ってました。私が入った後はプカプカと皮膚が浮いているので無理もありませんが・・・。やはりいい気はしないです。

あと人の家に行ったとき、私がトイレに行っている間に私のテーブルを念入りに拭いているのを垣間見てしてまったときがあるんですが、これも結構傷つきましたね。

それと私が昔いた職場ではいつも私のフケを見に来る人とかがいました。見たくて見たくてしょうがないのでしょうね。乾癬になってわかりましたが、人は隠しているものがあると何がなんでも見たいという習性があるようです。だから堂々と見せちゃってる人っていますよね。

アトピーの知り合いが言ってましたが、「最近はアトピーも市民権を獲得した」と。昔はゾンビのように扱われたけど、今は国民病の勢いで増えているので、昔に比べればまだ楽になったと。

それでもまだまだ皮膚病というのは誤解や差別をされやすいです。

周りは変わってくれないですから、自分が変わるしかないのです。

navigationj_backnavigationj_go

Pocket

スポンサーリンク




自然療法で「乾癬」を治す

私が乾癬を克服するために最も役立った本です。乾癬で悩んでいる方はこの本を信じて実践してください。
管理人のレビューも是非お読み下さい。

カテゴリー