乾癬にも役立つ!牧田善二著「糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい」の衝撃

Pocket

エドガーケイシーは、私が思うに乾癬患者にとって最高の治療法だと思います。

その本にもう一冊プラスしたいのが、牧田善二著の糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい (講談社+α新書)です。

makita01

まず、タイトルが衝撃的ですね。ご飯よりステーキを食べなさいだなんて・・

それまでは糖尿病用の食事としては、カロリーが低いもの、和食などがすすめられていたのですから。この本を見ると、糖尿病の最大の敵、つまり血糖値を上げる最大の敵は炭水化物であるとしています。

つまり、ご飯やパン、麺類の食べすぎがマズイのです。もちろん、糖質の多いお菓子やケーキ、清涼飲料水などは言うまでもありません。

各章の見出しも結構衝撃的で、例をあげると・・・・

■食べても食べてもやせていく

■メロンパンは悪魔の食べ物です

■突然、目に墨が流れてきた

makita02
などなどです。とにかく、興味をそそるタイトルばかりなので夢中になって読んでしまいました。 特に、5章の「糖尿病合併症の犯人はAGE」というとこが注目。AGEっていうのは簡単に言ってしまえば、糖尿病合併症を引き起こす重大な原因の1つで、調理法によってもその数値が変わってくるのです。油で揚げるともっともAGE量が高くなり、次いで、電子レンジの加熱、そしてお湯で茹でるという順になっています。特にフランクフルトは焼いても茹でてもAGEが高く、非常にマズイらしい。

そのほかに、AGEが高いものはチキンナゲット、チキンカツ、マグロの漬け、茹でた豆腐なんかが高いですね。あと、肉や魚の焦げた部分は絶対に食べてはならないなんて書かれています。とにかく5章は注目に値しますよ。

それで、炭水化物の制限の話ですが、実際、私も試してみましたが、驚くほどの効果がありました。ある程度の年齢になるとなかなか痩せにくくなるのですが、4週間で8キロは痩せました。最初の2週間ぐらいはあまり体重に変化はなかったのですが、2週間を過ぎるぐらいになった頃から体重が徐々に減ってきたのです。

私の場合、たまに散歩するぐらいで、激しい運動は一切していませんし、食事も炭水化物や甘いものを除いては肉なんかも食べたりしていました。ただし、揚げ物とか、餃子とかには小麦粉が含まれているのでそういったものは除外してのことです。あと、主食を抜くと、おかずだけになり、食費がかさむのですが、豆腐などを取り入れて満腹感を得ました。

牧田氏によれば、白米はもちろんのこと、玄米も血糖値を上げると言い切っています。これが患者が勘違いてしているところでしょう。玄米はビタミンが豊富なので、健康にいいと一般的に言われていますが、やっぱり穀物である以上、食べると血糖値を上げ、太るのです。

乾癬には血糖値の上昇、下降もその一因ともされています。ケイシーの食事療法に加えて、牧田氏が提唱する炭水化物の制限を取り入れれば、ダブル効果が期待できるのではないでしょうか。

もちろん、私は炭水化物を制限することを盲目的に信じているわけではありません。それは健康の基本は最終的には、バランスの取れた食生活に行き着くと思っているからです。

ただし、乾癬で悩んでいる方がある程度の時間を区切って炭水化物を制限し、痩せることができたり、血糖値の乱高下を抑えることで乾癬の症状が緩和されるのならそれは非常に意味があることだと思っています。

様々な健康法が日々発見されている現在では、肯定論もあれば否定論も必ずといっていいほどあります。ご自身の責任の下、極端にならない程度で試されてみてはいかがでしょうか。

糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい

Pocket

スポンサーリンク




自然療法で「乾癬」を治す

私が乾癬を克服するために最も役立った本です。乾癬で悩んでいる方はこの本を信じて実践してください。
管理人のレビューも是非お読み下さい。

カテゴリー