乾癬と鮭~実は白身魚だった

Pocket

日本の食卓にのぼりやすいお魚と言えば鮭ですね。夕食だけでなく朝食に焼き鮭が出るホテルも多いです。

特に脂が乗った鮭は格別ですね。

切り身を焼いた時に細い部分(お腹)の脂とかがプシュプシュいいながら・・・たまりません。

母親が新潟出身なので加島屋さんの鮭ものはよく通販で買ってました。女優の水野真紀さんもここのキングサーモン中骨水たきの大ファンらしいです。

実は私は身以上に皮が好きです。

一番美味しいのが皮ですね。ただし脂が乗っている鮭ですけど。

皮が嫌いで食べずに捨てちゃう人とかいると「なんてモッタイナイ!一番美味しいとこなのに!」なんて思ってしまいます。

脂っぽいものが好きだから乾癬になってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

◆鮭の栄養

鮭はEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸を多く含み、コレステロールを抑えたり、高血圧、動脈硬化などを予防する優れた食べ物です。

昔から日本人に大変好まれた魚の理由は味だけではないのかもしれません。

◆鮭は白身魚

赤身の鮭ですが、実は白身魚の仲間なんです。

ビックリですよね。

赤身なので白身魚ではないと思ってました。

でも白身魚なんですよ。

ということは乾癬でも食べられます。

ただし、塩焼きとかホイル焼き、フレークで食べてください。

フライとかはダメですよ。

脂の乗っていない鮭だと店とかじゃフライにするのを勧められたりしますが、フライだとパン粉使うので乾癬にはダメなんです。

小麦粉は治るまでの辛抱です。

鮭と納豆とかで玄米食べるとかいいのではないでしょうか。

◆生魚や燻製もNG

お刺身やスモークサーモンとかもダメなようです。とっても美味しいのに残念ですね。

基本的に乾癬の方はお刺身よりも焼いたり蒸したりして食べるのがいいです。

燻製も香ばしくて非常に美味なんですがこれもNG。同じ鮭なんですけどね。

スポンサーリンク

◆サンマ食べるなら鮭

秋から美味しいサンマの季節になりますが、サンマは乾癬にとってグレーなので鮭にしておいた方がいいです。

私の経験でも病院で青魚を勧められり、ダメと言われたり。

ま、塩焼きの缶詰は食べてましたけどね。

でも、できる事なら鮭のような白身魚にしておいた方がいいです。

◆白身魚の仲間

鮭だけじゃ飽きると思うので鮭以外の白身魚を調べると

ヒラメ、 アナゴ、 鯛、 マス、 スズキ、 フグ、 キスあたりが白身魚です。

やっぱりポピュラーなのは鮭になりそうですね。

アナゴとかもタレなんてつけるのは厳禁ですし、ヒラメもフライはダメ。

調理法にもよく気を付けてください。焼くか蒸すかです。

揚げるのはダメです。

Pocket

スポンサーリンク




自然療法で「乾癬」を治す

私が乾癬を克服するために最も役立った本です。乾癬で悩んでいる方はこの本を信じて実践してください。
管理人のレビューも是非お読み下さい。

カテゴリー