危険な添加物-加工食品には乾癬に悪いものがいっぱい

Pocket

food_tenkabutsu現代では工場で食料が大量生産され、日本中に輸送され販売され、そして私たちの食卓に上がります。

そのため、鮮度を維持したり、栄養を高めたり、味や香り、口当たり、見た目を良くするためなどに様々な添加物が使われているのです。

スポンサーリンク

◆添加物で特に気をつけたいもの

添加物で特に気をつけたい加工食品が、ハム、ソーセージ、かまぼこ等で、これらには発色剤、漂白剤、保存料などが使われていて発がん性の疑いのある物質も多いのです。

具体的にはハムやソーセージに使われている亜硝酸ナトリウムです。亜硝酸ナトリウムは急性毒性が強く、その症状として吐き気がしたり、心臓の動悸が激しくなり、血圧も下がります。ひどくなると血圧が極度に低下し、こん睡状態になり、呼吸マヒを起こして死にいたるのです。
roujin_sinzouhossaさらに恐いのは発ガンです。それも亜硝酸ナトリウムそのものに発ガン性があるわけではなく、胃酸の働きによって亜硫酸ナトリウムが魚などに多く含まれているアミンという物質と反応し、発ガン物質が作られるのです。

それから、冷凍されていないソーセージも極めて危険です。これには結合剤として重合リン酸剤がされています。重合リン酸剤は肝臓障害、カルシウム低下、筋肉萎縮などの懸念があるのです。

また漬物も良くありませんね。人工着色料、調味料、保存料が入っています。タール色素を使っているものもあります。

では、添加物などについて一つ一つみていきましょう。

◆甘味料

食品に甘みをつけるために使われる調味料

◆着色料

食品、医薬品、 口紅などの化粧品などに色をつけるためのもの

◆保存料

食品中にいる細菌の増殖を抑制し、変質、腐敗を防ぐ

◆増粘剤

少量の添加で液体が高い粘性を持つようになる薬品である。 粘度や安定性を良くするために食品、化粧品などに広く用いられている

◆酸化防止剤

製品中の成分の酸化を抑制するために添加される抗酸化物質

◆発色剤

肉類の色を鮮やかに見せるために添加される

◆漂白剤

食品中の天然色素、及び褐変物質を分解または変化させて脱色する

◆膨脹剤

ふくらし粉とかベーキングパウダーとも呼ばれるもので、炭酸ガスやアンモニアガスを発生させて、蒸し菓子や焼き菓子をふっくらと膨脹させる

スポンサーリンク

注意したい危険な食品リスト

◆ハム・ソーセージ

kunsei_souseiji加工食品では最も添加物が多い。特に安価な魚肉ソーセージは論外。

亜硝酸ナトリウムで発色するが、発がん性あり。

国際がん研究機関でもソーセージやベーコン、ハムなどの加工肉には発がん性があるとして世界に衝撃が走りました。

◆ミートボール

food_meatball卵を産まなくなった安い鳥をミンチにし、大豆たんぱくで作った人造肉を加え、化学調味料で味付けをし、保存料、ph調整剤、酸化防止剤を加えて完成。

タレにもたっぷり添加物が含まれています。

お弁当のおかずとして人気な食品ですが、危ない食べ物の一つです。

◆辛し明太子(タラコ)

food_mentaiko亜硝酸ナトリウムで発色させている。

これは発がん性があり、添加物で最も危険と言われる。

炊き立てのご飯にとっても合いますが、たまににしておいた方がいいでしょう。

◆コンビニおにぎり

food_konbini_onigiri具、ごはん共に添加物が使われている。

ごはんには化学調味料、グリシン、乳化剤、植物油、具にもイクラやタラコには亜硝酸ナトリウム(発がん性あり)が使われている。

昆布やシーチキンマヨ、イクラなどは×、食べるのなら鮭。

◆カット野菜

vegetable_cut_yasai毒性の強い薬品を500倍に薄め、5分浸けることで殺菌処理する。

シャキシャキして美味しく感じさせる。

加工から数日経過してもこのシャキシャキ感はある意味怖い。

コンビニなどで手軽に入手できるものだけに、注意した方がいいでしょう。

◆ネギトロ

food_negitorodon安いネギトロはパサパサの赤身肉に植物油脂やラードを混ぜ脂を乗せている。

また味付けにはアミノ酸など様々な添加物を使用。さらに色をよくするために発色剤も使われる。

ネギトロは大変美味なため、つい買ってしまう人も多いのでは。

◆成型肉(サイコロステーキ)

syokuji_steak屑肉や内臓を寄せ集め、結着剤という添加物で固める。

成型肉内部には筋が入っている可能性があるためレアで食べると食中毒を起こす危険が高い。

安いランチステーキは要注意。

Pocket

スポンサーリンク




自然療法で「乾癬」を治す

私が乾癬を克服するために最も役立った本です。乾癬で悩んでいる方はこの本を信じて実践してください。
管理人のレビューも是非お読み下さい。

カテゴリー