ついに乾癬大国アメリカでトランス脂肪酸が全廃へ!

Pocket

アメリカのFDA=食品医薬品局は、動脈疾患との関連が指摘されていることなどから、トランス脂肪酸を多く含む油脂について、食品への使用を3年以内に全廃するよう通達しました。

2006年にニューヨーク市では外食産業でのトランス脂肪酸の使用を禁じましたが、ついに全米でトランス脂肪酸の食品への使用が禁じられることになりました。 

やはり、健康被害が著しいからだと思います。うちの家庭は昔からマーガリンを使っていたんです。理由はバターよりも安いし、やわらかくてパンに塗りやすいから。

冬とかにバターをパンに塗ると、パンの生地がボソボソと剥がれてしまうのは多くの方が体験していることでしょう。

私の乾癬はマーガリンが直接の原因とは断定できませんが、やっぱり揚げ物や菓子、ファストフードまみれの食生活が引き金になったのは確かです。

こうした食事の蓄積が乾癬に繋がったのでしょう。

ただし、日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は総エネルギー摂取量の0.3%未満と報告されています。
しかし、これは平均ですので少ない人もいれば多い人もいるということなので、カップ麺や菓子、揚げ物などばかり食べている人は要注意です。

日本人の平均値は低いという言葉に安心してはいけません。人によっては加工食品などを全く摂らない人もいるわけです。そういう人のおかげで日本人の平均値が引き下げられているだけなのです。

今後日本の対応はどうなるかが注目されるところですが、恐らく当分の間は規制なんかしないでしょう。

しかし、医療費が財政を圧迫している現状から考えると、こうしたトランス脂肪酸は全廃すべきだと考えます。
roujin_sinzouhossaトランス脂肪酸が含まれるショートニングを使うとお菓子や揚げ物はサクサクに仕上がって美味しく感じられますが、心臓病や心筋梗塞、乾癬やアトピーなどの皮膚病、糖尿病など様々な現代病を引き起こす元凶とも言われています。

ショートニングを使って揚げていたマックフライポテトが何日経ってもカビが生えないという画像を見たことがありますが、ホントに恐ろしいことです。

一生トランス脂肪酸を摂取してはいけないという極端なものではないかもしれませんが、カップ麺とかを箱買いしたりとか、毎朝朝マックとかの生活は絶対にやめるべきだと思います。あとコーヒーフレッシュとかもね。

Pocket

スポンサーリンク




自然療法で「乾癬」を治す

私が乾癬を克服するために最も役立った本です。乾癬で悩んでいる方はこの本を信じて実践してください。
管理人のレビューも是非お読み下さい。

カテゴリー