Tシャツに付いたワセリン軟膏の洗濯

Pocket


ワセリン軟膏を体中につけていて困るのがべっとりと付着した下着の洗濯です。何回洗濯しても全くと言って言いほどワセリンが取れず、干しても全然乾燥せず、ベッチョリ感が取れません

洗濯機を壊してしまったという方もいらっしゃるようです。

そこで私の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

◆洗濯方法

sentaku_ita
バケツにシャツとパンツを1枚ずつ入れます(別に一緒じゃなくてもいいです)。これ以上多く入れてしまうとうまく油を除去できません(経験済み)。

そして、熱湯(お風呂程度のお湯ではダメ)を並々と注ぎ、棒か何かでグルグルと良くかきまわします(ヤケドに注意)。なのでコンロでお湯をじゃんじゃんわかす必要があります。

すると、油分が徐々に浮いてきます(時間にして5分ぐらい)。

そうしたらお湯を捨て、下着を普通のお湯で洗います(ヤケド注意)。バケツにも油がコッテリとついているのでトイレットペーパーなどでよく拭いてください(これ非常に重要)。バケツをよく洗わないと効果が薄くなります。この際、熱湯に漬ける時は特に洗剤はいりません。熱湯だけです。

この作業は手早く行わないとダメです。熱湯につけて30分とか漬け置きしてしまうと、せっかく下着から溶け出たワセリンがまた下着に吸われてしまうのです

最後に洗濯機で洗う時に洗剤は使えばいいですが、洗剤を使ってはいけないということではありません。使いたい方は使ってください。

以上の工程を最低5回以上繰り返してください!

そうすると、油分がほとんど出てこなくなります。そうしたら洗濯機で普通に洗えばいいです。

◆ポイント

  1. 一つのバケツに対してシャツパンツ合計2枚まで
  2. 熱湯を使うこと
  3. 熱湯に漬けて油分がある程度出たら、熱いうちに湯を捨てること
  4. バケツの内部に付着した油をよく拭き取ること
  5. 最低5回以上やること

再度注意点ですが、お湯を熱い内に捨てず翌朝に持ち越してしまうと冬場などは油分が白く固まってしまい、再び下着に油分がコッテリとくっついてしまいます。
熱湯で下着から油分が溶けだした時がチャンスなのです。

◆ワセリンを塗った後は

それと、これは好みの問題もあるかもしれませんが、ワセリンを塗った後に加工したゴミ袋を被るという方法もあります。上半身だけですが、下着への吸収をかなり阻止することができるはずです。

寝ている間はガサガサして嫌だという人はお風呂の時まで被っておいて、寝る時はワセリンは塗らずに寝て下さい。夏場は暑くてダメですが、それ以外の季節なら有効な方法です。

スポンサーリンク

◆注意点

洗濯機

ワセリンでベッチョリとした下着を洗濯機でそのまま洗ってしまうと、油分が取れないだけでなく、洗濯機のフィルターや槽にも油分がベッチョリと付いてしまい故障の原因となったり、掃除が非常に面倒になるのでできるだけ油分を落としてから利用するようにした方がいいでしょう。

ヤケド

yakedo_hiyasu私がご紹介した方法は熱湯をたくさん使うのでくれぐれもヤケドにはご注意くださいませ!

作業が面倒、又はヤケドしたくないという方は下でご紹介するワセリン専用洗剤をご使用下さい。

風呂場の床

ofuro_tentou私のようにお風呂場でシャツを漬け込んだりする作業をする時に、お風呂場の床に油分が付着してしまうことがあります。非常に滑りやすくなった床で転倒などしてしまいますと非常に危険です。

特に高齢者の方がいるようなご家庭だと、転倒で事故になりかねませんので十分ご注意ください。

◆ワセリン専用洗剤

市販品でワセリンカットというワセリン専用洗剤があります。非常によく落ちるとの評判ですが、お値段が少しします。

私は熱湯を何回も使ってワセリンを落とす作業をしましたが楽ではありませんでした。面倒だと思う方は検討されてみてはいかかでしょうか。

Pocket

スポンサーリンク




自然療法で「乾癬」を治す

私が乾癬を克服するために最も役立った本です。乾癬で悩んでいる方はこの本を信じて実践してください。
管理人のレビューも是非お読み下さい。

カテゴリー